Think4

『よさこい』とは?

~語源~
土佐弁で “夜にいらっしゃい” と言う意味です。
また、高知県の民謡であるよさこい節、よさこい祭りの略語として使われます。
 
~お祭り~
昭和29年、戦後の不況の振興策として、高知市の商工会議所が中心となって開催されたお祭りです。
現在では日本全国に広まり、それではとどまらず、海外からも注目される「よさこいスタイル」の文化が確立されつつあります。
若者を中心に個性的なチームが誕生し続け、迫力のパフォーマンスで観る人々を魅了します。
 
~音楽~
発祥の地、高知では当時、純和風の盆踊りスタイルだったといわれています。
現在は曲調のアレンジが行われ、ポップ、ロック、サンバなどが取り入れられ、正統派踊りから、ダイナミックな振りとパフォーマンスを披露するチームが増えています。
 
~鳴子~
よさこいでは欠かせない楽器になっていますが、それまでは田畑などで鳥などを払うための道具でした。
よさこい踊りに楽器として取り入れられたのも発祥地、高知からでした。
 
~扇子~
文明発祥時から存在するとされる道具です。木の薄板を重ねたり、紙を折りたたんで製作される扇は日本古来、固有の発明とされる。
日本舞踊や歌舞伎などでも用いられ、よさこいでは華麗な舞に華を添える。
 
~衣装~
色、デザインともに自由度が高いよさこい衣装、踊り子の晴れの姿になります。
その昔は、性別に関わらず、浴衣姿での踊りが楽しまれていましたが、踊りも変化する現在では、エスニック系、ロック風や時代劇風など、バリエーションも多様化しています。
多くのチームでは毎年のテーマに合わせて新しい衣装を新調し、個性あふれる踊りに彩りを添えます。
 
~地方車~
「じかたしゃ」と呼ばれる、チームを先導する、装飾されたトラックのことです。
やはり初めて登場したのは、本場高知です。チームカラーやテーマをいち早く伝えるために、個性的な装飾が施され、音響機材を運ぶ重要な役割も担っています。